日本では軟水が一般的

近年、水市場が急速に拡大しています。
健康ブームと共に、水道水からミネラルウォーターにシフトする人が増えてきたためでしょう。
一昔前までは水はタダ、飲み水を買って飲むなんて贅沢だという風潮がありました。
たしかに昔は、ミネラルウォーターは高価で種類も限られていたので、一般人が毎日のように気軽に飲むというものではありませんでした。
広く飲まれるようになったのは、国産メーカーが次々と製造販売するようになり、価格が手頃になった頃からでしょう。
今ではスーパーの水コーナーには、さまざまな種類の天然水が並び迷ってしまうほどです。
天然水は採水地により成分や味が異なってきますが、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル分が多くなると苦味や渋みが増します。
このうち、カルシウムとマグネシウムが多いものは硬水、少ないものは軟水といわれます。
市販されている天然水は、日本人の好みに合わせて軟水が多いようです。

おすすめWEBサイト 5選